2018年5月17日

野鳥における高病原性鳥インフルエンザに関する危機管理体制が引き下げられました。

平成30年5月7日付けで愛知県環境部長から、
【国からの通知を受け愛知県の「野鳥における鳥インフルエンザに関する危機管理マニュアル」における危機体制レベルを「通常時(国レベル1)」に引き下げて対応することとします。
なお、野鳥の大量死、不審な死亡事例について通報があったときは、東三河総局又は各県民事務所環境保全課等に連絡してください。】 との通知がありましたのでお知らせします。
なお、県の連絡先など、鳥インフルエンザに関する情報は次に示すURLをご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/shizen/yachou-influ.html

2018年4月10日

愛知県知多半島におけるエキノコックス(多包条虫)感染事例が判明しました。

 このたび、愛知県知多半島において、捕獲した犬からエキノコックスの陽性が判明したとして、添付したファイルのとおり愛知県環境部自然環境課長から通知がありました。

 ついては、通知した文書の内容をご覧のうえ、猟など野山に出かけた時や野生動物に触れた時はよく手を洗うこと、衣服や靴について泥はよく落とすこと、沢や川の生水は飲まないことなど、感染防止には十分注意されるようお願いします。

2018年3月29日

県有林内での野生鳥獣の捕獲が可能となりました。

 県有林内での狩猟や許可捕獲が平成30年4月1日から認められることになり、その手続等について、愛知県農林水産部農林基盤局長から通知がありました。

 ついては、狩猟可能な県有林が添付した地図に示されていますので、その場所において狩猟又は許可捕獲を実施する場合は、それぞれの場所を管轄する県有林事務所の業務課へ必要な手続きを行ってください。

■愛知県県有林概略図はこちら

■愛知県農水部通知はこちら

■手続方法はこちら

■入林届又は作業許可申請書の様式はこちら

2018年3月8日

新ベスト・帽子の配布時期が今秋の狩猟前までに再延長されました。

 継続会員に対する新ベスト・帽子の配布時期は、本年6月頃としてご案内していましたが、このたび作成元の大日本猟友会から、既に一部が配布されている新ベスト・帽子は退色の可能性が高いことから、今秋の狩猟に間に合わせることを目標に、今まで配布した分も含めた全量を再作成するとの連絡がありました。
 会員の皆様には大変申し訳ございませんが、お手元に届くのが今秋となりましたので、暫くお待ちいただくようお願いします。
 なお、既に新ベスト・帽子を配布した新規会員の方に対しては、再作成分が配布できるまで現在のものを使用し、配布後は各個人で古いものを廃棄してください。

2018年2月21日

食肉を介するE型肝炎ウイルスの感染予防の徹底をお願いします

 このたび、添付ファイルのとおり、愛知県を経由して、厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課から、E型肝炎ウイルスの感染により劇症肝炎となって死亡した事例を踏まえ、野生鳥獣肉を摂食する場合には中心部まで十分に加熱する必要がある旨の通知がありました。

 つきましては、野生鳥獣肉の摂食にあたってE型肝炎ウイルスの感染予防の徹底に努めていただくようお願いします。

2018年2月9日

野鳥における高病原性鳥インフルエンザに関する危機管理体制が引き下げられました。

 野鳥における鳥インブルエンザについては、東京都において新たな死亡野鳥の発見などの異常が認められていないことから、愛知県では、これを受けて平成30年2月5日付けで県の危機管理体制を通常時(国レベル2)に引き下げました。

 なお、引き続き、野鳥の大量死、不審な死亡事例を目撃又は県民から通報があった場合には、速やかに愛知県東三河総局又は各県民事務所の環境保全課等に連絡していただくようお願いします。

 なお、県の連絡先などの鳥インフルエンザに関する情報は、次に示すURLをご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/shizen/yachou-influ.html

2018年1月26日

野鳥における高病原性鳥インフルエンザに関する危機管理体制が引き上げられました

 野鳥における鳥インブルエンザが、国内複数箇所(島根県、東京都、香川県)で確認されたことを受け、愛知県の危機管理体制が通常時(国レベル3)に引き上げられました。

 ついては、野鳥の大量死、不審な死亡事例を目撃又は県民から通報があった場合には、速やかに愛知県東三河総局又は各県民事務所の環境保全課等に連絡していただくようお願いします。

 なお、県の連絡先などの鳥インフルエンザに関する情報は、次に示すURLをご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/shizen/yachou-influ.html

2018年1月24日

平成30年山火事予防運動が実施されます。

 本年も3月1日から3月7日まで春季全国火災予防運動が実施されますが、その一環として、林野庁では添付文書のとおり「平成30年全国山火事予防運動」が実施されます。

 ついては、会員の皆様方におかれてもこの趣旨をご理解のうえ、山火事の予防について一層の配慮・協力をお願いします。

2018年1月11日

猟銃等及び実包の保管管理の徹底や不審者に対する注意をお願いします。

 このたび、愛知県警察本部保安課長から、添付文書のとおり、県内で発生した空き巣犯人による猟銃等保管庫のこじ開け未遂事件や、他県で発生した競技用ライフル銃及び実包を積載した乗用車の盗難事件を受けて、猟銃等及び実包の保管にあたっては、盗難の危険性を念頭に置いた厳正な管理を行うよう依頼がありました。
また、先日名古屋市内の会員宅において、猟銃等の確認をしたいと警察官を装った人物が訪れたが、会員が不在で特に被害等はなく、未遂に終わった事件も発生しております。
したがって、いま一度猟銃等及び実包の保管管理の徹底を図るとともに、不審者に対する注意喚起や所轄警察署への通報など、適切に対応していただくようお願いします。

添付文書

2017年12月5日

愛知県猟友会が鳥獣捕獲等事業者の認定を受けました。

 愛知県猟友会では、愛知県知事あてに鳥獣捕獲等事業の認定申請を行なっていましたが、このたび、平成29年12月1日付けで知事から認定を受けました。
 これにより、本猟友会も鳥獣捕獲等認定事業者として活動ができるようになりました。
今後の活動も含め、会員の皆様方のご協力をお願いします。

<トップへ戻る>